FC2ブログ
スイーツの扉
ホーム   埼玉県洋菓子協会について   入会のご案内   会員のご紹介   お問い合わせ

最新記事

アルバム

アーカイブ

検索フォーム

全記事表示リンク


10月中旬、障害者福祉サービス事業を行っている「はぐくみ園」さん(寄居町)から
新商品の開発のお手伝いをお願いしたいとの連絡がありました。


はぐくみ園さんは、8月の埼玉県障害者授産事業振興センターでの
意見交換会に参加くださった1施設で
地元の農産物を使用した焼き菓子を多く製造しています。


施設から洋菓子協会を通じての依頼は初めてということもあり、
今回は、大橋会長に指導のお願いをしました。
多忙のスケジュールにも関わらず、引き受けてくださいまして
ありがとうございます。



そして、11月下旬にはぐくみ園さんにて、職員のかたを対象とした
新商品開発にあたっての技術指導が行われました。


はぐくみ園


その結果、年明けより販売に向けて製造を開始することとなりました!





今回の指導に於いては、実際に作業を行う障害者の方たちが作りやすいように…
という配慮が功を奏したようです。


通常は、施設職員の方が、お菓子のレシピを用意、障害者の方に作業工程や工具などの使い方を説明、
障害の程度に合わせて作業を分担して製造しています。

しかし、それは「作りたいお菓子」ではなく、「作れるお菓子」でしかないため、
結果、障害者の方の自立困難をまねくこととなっています。


県内でお菓子製造・販売を行っている障害者施設の中には、
プロによる技術指導を望んでいる施設がまだまだあります。

当協会では今後もできる限り、ご支援したいと考えています。



<< ■事務局 年末年始休暇のお知らせ■ | ホーム | ■洋菓子技術講習会「鍋田シェフのスペシャリテとチョコレートのピエスモンテ」報告■ >>

 ホーム