FC2ブログ
スイーツの扉
ホーム   埼玉県洋菓子協会について   入会のご案内   会員のご紹介   お問い合わせ

最新記事

アルバム

アーカイブ

検索フォーム

全記事表示リンク

      11月14日(水)に開催しました鍋田幸宏シェフによる洋菓子技術講習会のご報告です。

      PB1402481.jpg







前日の13日、午前10時から早速準備が始まりました。
PB1301661.jpg
〈鍋田シェフ準備の様子〉



生ケーキは各パーツを準備し、焼き菓子は翌日の試食用として事前に焼いておきました。
PB1301601.jpg
PB1301711.jpg






いよいよ14日。お天気もよく、チョコレートを扱う時期として丁度良い気温です。

受講者40名が揃い、定刻通り午前10時から講習会がスタートしました。


当協会朝田専務理事の司会で、当協会の山本副会長からご挨拶の後、今回協賛くださいました

ピュラトスジャパン株式会社 佐藤様、

東京明治フーズ株式会社社長 石橋様からそれぞれご挨拶をいただきました。

いつもご協力くださいまして、誠にありがとうございます。

  PB1402461.jpg
           PB1402301.jpg




さて、皆さまのご挨拶と講師、アシスタント紹介の終了後、早速デモンストレーションが始まりました。






午前は生菓子、焼き菓子の計3品を仕上げ、それぞれを試食していただきます。

PB140181.jpg



PB1401851.jpg
PB1401951.jpg

鍋田シェフと助手の向井さんとのコンビネーションが素晴らしく

作業がスムーズ且つきれいで無駄のない、

デモンストレーションだと感じました。



また、鍋田シェフ曰く、

普段は、学校で製菓を教えることが多いため、

お菓子を商品として販売するとうことはあまり考えて作っていない。

そのため、各パーツの構成が多かったり、その分の材料費も高くなるが、作り方としては難しいものではなく、

何を食べているか、味わっているかがハッキリわかるもを作っている。

パーツを揃えてモンタージュしながら完成させるケーキは、時間がかかるが個性が出やすい。

味覚や食感を楽しみながら、部分的に使ってもいいというものがあれば、どんどん利用してください!

ということでした。



1時間のお昼休憩後、

午後は「チョコレートのピエスモンテ」。テーマは「ひかり」

PB1402191.jpg
        PB1402241.jpg

チョコを流し固める時の道具について、身近にあるものを利用したり、シリコンの硬さを調節したりと、

大変興味深い説明をして下さいました。


今回使用しましたチョコレートは、ピュラトスジャパンさんで販売していますベルギーの「ベルコラーデ」です。




   PB1402561.jpg
           PB1402551.jpg
         完成した作品  ケーク オ マロン    エフィカス    ラミフィエ



PB1402511.jpg
2日間に渡りご協力くださいました鍋田シェフ、助手の向井さん、尾川さん、伊藤さん、

ありがとうございまいした。

協賛くださいました各企業の皆さまにも感謝いたします。

埼玉県、埼玉県職業能力開発協会等が主催の「人づくり・ものづくりフェア埼玉2012」が

10月20日(土)、21日(日)に、埼玉県県民活動総合センターで開催されました。




いつもお世話になっています、埼玉県職業能力開発協会さんから

2日間のイベントで「洋菓子づくりの魅力や高度な技量を、県民のみなさまに提供してほしい!」

との依頼がありました。

その内容は洋菓子に係る作品展示や実演、即売を行ってもらうというものでした。


今回は初の試みであるため、まずは数店の協会員さんに賛同してくれる方がいるかどうか伺ってみました。





その中で、洋菓子技術者として、技能振興の積極的貢献を目的として日々励み、

独自の技術を惜しみなく披露し、且つ将来の人材育成や業界発展のために尽くされている

久喜市「ドゥーブルシェフ」の山本シェフ、上尾市「パティスリーアンジェ」の島田シェフ のお二人に

出展していいただくこととなりました。


IMG_1806.jpg
                 屋内会場の様子





IMG_1290.jpg

パスティヤ―ジュの作品展示や焼き菓子の実演販売を行った「ドゥーブルシェフ」の皆さん









IMG_1501.jpg
これからマジパン細工の技術を披露します!さて、何が出来上がるのでしょうか?



IMG_1563.jpg
パティスリーアンジェではコンクール作品の展示と焼き菓子を販売しました




終了後、ドゥーブルシェフの山本シェフからは、

「来年も是非出展したいですね。そして、こういった場所での技術の披露はもちろん、

販売やお店の宣伝のためにもたくさんの洋菓子店が出展して盛り上げていきたいです。」と

感想をいただきました。




今年は初参加ということで、

当初は両店舗とも会場のイメージがわからなかった様子でしたが、

次回は職能協会さんと協力しながら、

多くの会員店が参加できるような会場づくりを目指していきたいと思います。


| ホーム |

 ホーム